アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
サポート体制を購入前に試す
旅客機

ソフトを購入する際に大切なことは、そのサポート体制です。
たとえば、精算システムを導入する場合にも、市販のソフトの中から最もサポート力が優れているソフトを見極める必要があります。
企業にとって、お金に関するデータは大切で、給与の支払いなどは月に一度必ずしなければならない処理であり期限の決まっている処理です。
また、給料だけではなく税金や交通費、経費などの計算が必要になることが厄介なところです。そして、その大切な処理の最中に不具合があれば、その後の処理が全て滞ってしまう事になり、人件費にも響いてしまうことになります。
そういった点から考えても、精算システムの購入にはサポート力を試してから購入する必要があると言えるでしょう。
従って、幾つか購入する予定のソフトを選んだら、同じカンタンな内容で、それぞれに問い合わせをしてみる必要があります。

サポートにチカラを注いでいる場合には、問い合わせ専門のカスタマセンターを用意していたり、サポート専門の部署を用意したりしています。
従って、そういった会社は問い合わせれば、迅速な対応が出来るはずです。
一方、低価格で基本的なソフトを提供することを目標としているため、サポートを一切行なわない方針で人件費を削減しているソフト会社もあります。
こういったタイプのソフトの場合には、インターネット上に沢山の情報があるため、改めてサポートする必要もなく、簡易的なソフトのため企業などで使うには相応しくないとも言えるでしょう。
やはり、企業で使うソフトの場合には、サポート料金が価格に含まれているタイプのソフトを、少々高い金額でも購入しておくことが必要だからです。

そして、とにかく、ソフト会社のサポート力を試したら、迷わず一番サポート体制にチカラを入れているソフトを選ぶことが大切です。
カスタマイズなどの相談にも応じてくれる、本格的なサポート体制が求められるからです。
そして、場合によっては、使っている給与ソフトとの連動処理などの問い合わせについても応じてくれるレベルであることが必要でしょう。
そして、どんなにソフトが使いやすいと感じたとしても、問い合わせに無反応の会社や、問い合わせに迅速に応じない会社のソフトの購入は控えておいた方が賢明です。
いざと言うときに連絡がつかないのでは、給与の支給などにも響いてしまいますので、サポート力を十分に見極めて購入を決めることが大切なのです。

オススメリンク

案内するサラリーマン

業績アップに繋がる

精算システムを導入するにあたっての費用ですが、その機能や従業員の数によっても違ってきます。
従業員が100名以内の会社であれば、費用も安くですみます。
また500名以上の会社であれば、それなりの費用になるでしょう。
しかし、大切な…Read more

パソコンと女性

ミスの発生を防ぐ効果も

会社にとって、経理担当の人はなくてはならない存在です。
ある意味会社の骨の部分を担っていると言っても過言ではありません。
ですから、経理の人に求められることは、仕事が正確かつスピーディであることは大前提なのです。
このどちらかだけ…Read more

関連リンク